メニュー

いびき 睡眠時無呼吸症候群の治療

「大きないびきをかいている」や、「睡眠時に息が止まっている」と言われた事があれば 睡眠時無呼吸症候群の可能性があります。睡眠時無呼吸症候群とは、睡眠時に舌を支える筋肉がゆるみ、重力により下顎が下がって空気の通り道である気道が塞がれ、無呼吸の状態が発生する病気の事です。症状としては 大きないびきと日中の眠気です。

その症状を改善するには 「マウスピース療法」という、耳鼻科と連携すれば保険適用になる療法があります。
当院では患者様一人ひとりの歯型をとり オリジナルの「スリープスプリント」というマウスピースを作って治療します。スリープスプリントは、睡眠時に口腔内に装着して、下顎を前進させた状態で固定することにより、上気道の閉塞を防ぐ効果があります。

DSC_0796

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME